肝臓に良い漢方

肝臓に良い漢方

 

肝臓の数値に不安を持っている方というのはかなり多いそうです。そこで、最近注目されている肝機能を回復させるための漢方をご紹介します。

 

1.小柴胡湯(しょうさいことう)

肝炎に用いられる漢方で、即効性があります。

 

2.黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

アルコール分解作用があります。二日酔いや飲む前に飲むことによりアルコールが回りすぎる症状を抑えます。
3.柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
肝臓の炎症を抑える働きがあります。

 

4.五苓散(ごれいさん)

排尿、むくみ、張りの改善が期待できます。

 

5.杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

腎臓に効く漢方、腎臓と肝臓は密接な関係にあるため、連鎖して肝機能の回復が期待できます。

 

6.補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

免疫力を高める働きや食欲改善、滋養強壮に効果があります。体が弱い人に向いている漢方です。

 

7.三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)

二日酔いの予防といった効果がありますが、体が弱い人には不向きな漢方です。

 

以上のような代表的な肝臓に良い漢方がありますが、基本的には漢方は独断で使用するのは危険だと考えたほうがいいかと思います。

 

必ず使用前にかかりつけ医に相談をする、もしくは薬剤師に相談をするなど専門家から指示を仰いだほうが確実です。特に薬剤師は相談に料金などもかからないため、気軽にお話ができるかと思います。

 

漢方は使い方によっては身体のリスクになってしまうこともあります。薬も過ぎれば毒になるという言葉もあるように生薬という言葉に惑わされずしっかりと専門家の意見に耳を傾けるのはとても大事なことです。

 

 

そして、まだ数値が気になるという段階であれば、漢方よりもサプリメントのほうが安全性は高いです。サプリメントはあくまで食品のため医師の許可などは必要ありませんし、肝臓障害は食事療法が有用なことからも理に適っていると言えます。

 

予防、改善で専門家に相談するのは面倒という方は、まずは肝臓に良いサプリメントから始めてみてはいかがでしょうか?

 

肝臓にいいサプリメントランキング

関連ページ

肝臓に良い飲み物・お茶
肝臓に良い飲み物・お茶をご紹介します。
肝臓の働きとは?
肝臓の働きについてお伝えします。
肝臓の数値が高いときに変えるべきこと
肝臓の数値が高いときに変えるべきことです。